CryptoGT

CryptoGT(クリプトGT)の手数料は高い?スプレッド徹底比較!

Ryosuke
Ryosuke
仮想通貨ブロガーのRyosuke(Twitterはこちら)です!
記事をご覧頂きありがとうございます!

「CryptoGT(クリプトGT)の手数料は高いのかな?安いのかな?」

「CryptoGTと他社の手数料を比較して見たい!」

この記事をご覧のあなたは、このようなことを思っているのではないでしょうか?

 

仮想通貨FXには実際に分かりにくい手数料があり、その実態を把握することは難しいですよね。

そこで当記事では、「CryptoGT(クリプトGT)と他社の手数料(スプレッド・スワップ)を実際に比較し、どちらが高いか・安いかを検証」してみました!

各種手数料からCryptoGT(クリプトGT)の利点がわかりますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

CryptoGT(クリプトGT)とは?

取引所名CryptoGT(クリプトジーティー)
運営会社所在地キプロス
設立年月2018年5月
取扱通貨数8種類(37ペア)
追証なし
手数料なし(スプレッド方式)
レバレッジ最大200倍
公式サイト公式サイトリンク
公式Twitter公式Twitterリンク

「CryptoGT(クリプトジーティー)」は2018年5月に設立された仮想通貨のFX専門取引所です。

設立してから間もないのにも関わらず、国内では人気急上昇中となっています。

その人気の理由がこちら。

①アルトコインの取扱い数が多い!(8種類37ペア)

②レバレッジ最大200倍まで可能!

③日本語サポートが充実!

④取引手数料無料・スプレッドが狭い(安い)!

⑤スマホアプリ・MT5に対応!

⑥借金のリスクである「追証」はなし!

⑦BTC以外のアルトコインを証拠金にできる!

他の仮想通貨FX取引所と比べて様々なメリットがあるので、ぜひ利用したい取引所の一つです。

CryptoGTに登録する

CryptoGT(クリプトGT)の手数料一覧

そんな人気のあるCryptoGT(クリプトGT)ですが、実際に手数料は高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?

実際に発生する手数料は以下になります。

【手数料一覧】

①入出金手数料(仮想通貨の)
②スプレッド
③スワップ手数料

それぞれの詳細を解説していきたいと思います。

①CryptoGT(クリプトGT)の入出金手数料

仮想通貨取引所の入出金手数料は多くの取引所が「無料」と打ち出しています。

しかし、実際の送金時には「マイナーフィー」という「仮想通貨自体の送金コスト」が発生します。

CryptoGT(クリプトGT)の入出金手数料は以下になります。

種類手数料
入出金手数料無料
マイナーフィーあり

マイナーフィーは入力した金額から自動的に支払われるようなので、頭に入れておきましょう。

②CryptoGT(クリプトGT)のスプレッド比較!

次にCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドを見ていきましょう。

仮想通貨FXのスプレッドとは?

まずはスプレッドについて理解しましょう。

スプレッドとは?

スプレッド(Spread)は — 金融取引においては、二つの商品における「金利差」や「価格差」のことをいいます。

外国為替証拠金取引(FX)においては、通貨ペアの提示レートの買値(Bid)と売値(Ask)の差のことをいう場合もあります。

iFinance「スプレッド」より

実際のスプレッドはこちらになります。

・売り「3730.42(USD)」
・買い「3734.30(USD)」
→価格差(スプレッド)=4USD(約440円)

買った瞬間に4ドルの損失が発生しているということになります。

CryptoGT(クリプトGT)とDMM Bitcoinのスプレッドをリアルタイムで比較してみた

実際に、CryptoGT(クリプトGT)と他社とのスプレッドにはどれだけ差があるのでしょうか?

今回はリアルタイム(同時刻)でCryptoGTとDMM Bitcoinの2社を、以下の条件で比較してみました。

①BTC/JPYで比較

②XRP/JPYで比較

③BTC/JPYとBTC/USDで比較

それぞれの結果を見ていきましょう。

①BTC/JPYで比較

こちらはBTC/JPYの比較です。(CryptoGTはJPY建でもトレードできます)

DMM Bitcoinのスプレッドは「700円」
CryptoGTのスプレッドは「891円」

【BTC/JPYの結果】
DMM Bitcoinの方がやや安い

②XRP/JPYで比較

こちらはFXでも人気のアルトコイン「リップル(XRP)」の比較です。

DMM Bitcoinのスプレッド「0.6円」
CryptoGTのスプレッド「0.3円」

【XPR/JPYの結果】
→CryptoGTの方がかなり安い

たった0.3円の差だと思うかもしれませんが、ここでは1円動くだけで約2.5%の幅になりますので、リップルの価格では大きな差になります。

③BTC/JPYとBTC/USDで比較

ここではUSD建が高いのか安いのかを検証したいと思います。

DMM Bitcoinのスプレッド「700円」
CryptoGTのスプレッド「3.9ドル(440円)」

【USD建・JPY建の結果】
→USD建にするとCryptoGTの方が安い

CryptoGTスプレッドはJPY建のみ高い!

今回の比較の結果はこちらになります。

・BTC/JPYは国内取引所の方が安い!

・アルトコインはCryptoGTが安い!

・USD建はCryptoGTの方が安い!

公式ページのコチラの表も参考にしてみてください。

今回の比較でCryptoGTの方がお得にトレードできることがわかりましたね。

ただし、CryptoGTも国内取引所も相場が大きく動く時は、スプレッドも大きく変動しますので、注意が必要になります。

JPY建はなるべく避けながらトレードをしていきましょう。

CryptoGTに登録する

③CryptoGT(クリプトGT)スワップ(レバレッジ)手数料比較!

次にCryptoGT(クリプトGT)を含む各社のスワップ手数料を比較してみましょう。

スワップ(レバレッジ)手数料とは?

そもそもスワップ(レバレッジ)手数料とは何なのでしょうか?
理解しているようで、理解していない方も多いと思いますので確認しておきましょう。

 

スワップ手数料とは、ポジションを翌日まで維持する為の手数料のことを言います。

【スワップ手数料計算式】

『スワップレート』×『通貨ペアの価格』×『取引量(ロット数)』÷『100』÷『360』=『スワップ手数料』

上記がスワップ手数料の計算式になりますので、必要な時にはしっかりと計算してみましょう。

実際のスワップ手数料と他社比較

それでは実際のスワップ手数料をもとに、他者と比較してみましょう。

(CryptoGT公式ページより)

CryptoGT各通貨により変動
GMOコイン0.04%/日
DMM Bitcoin0.04%/日

【BTCの場合】
※1BTC=30万円で計算
※1USD=113円で計算

・GMOコイン
1BTC×30万円×0.04%=120円

・CryptoGT
28(スワップレート)×約2600USD×1BTC÷100÷360=約2USD(約226円

実際に計算してみると、国内取引所(GMOコイン)の方がスワップ手数料は安くなりましたね。

 

※追記(2018年12月7日)

CryptoGT(クリプトGT)のスワップ手数料に変更がありました。
以下にまとめますので、確認しておきましょう。

【変更前】
・毎日一回日本時間午前6時にスワップ(レバレッジ手数料)が発生。
・毎週水曜日(日本時間木曜日6時)には3倍のスワップ(レバレッジ手数料)が発生。
【変更後】
・日本時間3時・7時・11時・15時・19時・23時にスワップ(レバレッジ手数料)が発生
※それぞれの時間で発生するスワップ(レバレッジ手数料)の額は変更前と比べて1/6となります。
毎週水曜日(日本時間木曜日6時)に発生しておりました3倍のスワップ(レバレッジ手数料)は消滅

水曜日はスワップ手数料が3倍に?!

CryptoGT(クリプトGT)では水曜日のスワップポイントだけ、通常の3倍となります。

水曜日(日本時間:木曜日AM6時)は3倍のスワップが適用されます。
CryptoGT公式より

通常の為替FXは土・日が休みであり、その分の振替としてスワップ手数料が3倍になるというシステムがあります。

その仕組みがこのCryptoGT(クリプトGT)にも適用されていると認識しておきましょう。

※こちらも2018年12月7日の変更から消滅致しました。

CryptoGT(クリプトGT)のスワップ手数料はやや高め!

以上の比較から、CryptoGT(クリプトGT)のスワップ手数料は他の取引所と比べて、やや高いことがわかります。(変更後も手数料は変わらない)

中長期トレードがメインで、スワップ手数料を気にするのであれば、以下の国内仮想通貨取引所がいいですね。

それぞれ特色があるので、ぜひ試しに利用してみてください。

>>>GMOコイン(0.04%/日)

>>>DMM Bitcoin(0.04%/日)

>>>ビットポイント (0.035%/日)

2WAY注文ならCryptoGT(クリプトGT)がベスト!

今回の比較で見るべきは、ポジション毎に発生する「スプレッド(手数料)」だと思います。

実際の比較を振り返ると、以下のような結果でしたね。

【スプレッド比較まとめ】

・BTC/JPY→国内取引所の方が安い!

・アルトコイン→CryptoGTが安い!

・USD建にする→CryptoGTが安いい!

実際に取引所を利用する際には、使いやすさサーバーの強さなどがさらに重要なポイントになります。

その点でも、CryptoGT(クリプトGT)は他の取引所と比べて一歩リードしていると感じます。

CryptoGT(クリプトGT)の評判・口コミはどうなの?SNSのコメントで評価してみた!当記事では「CryptoGTの評判・口コミ」について紹介していきます。世界最大手のFX専門取引所「BITMEX」...

海外取引所ですが日本語対応しており、世界で評価されるMT5に対応しているCryptoGTは一度利用してみるべきですよ。

CryptoGTに登録する

 

【CryptoGT関連記事一覧】

・まだCryptoGTの登録が済んでいない方はコチラ
CryptoGTの登録・口座解説方法を紹介!

・クリプトGTのアプリ・MT5の使い方が分からない方はコチラ
CryptoGTのMT5・アプリの使い方を紹介!

・その他クリプトGTに関する記事はコチラ
CryptoGT関連記事一覧

一緒に読まれている記事