アルトコイン紹介

仮想通貨『BKKトークン』とは?取引所BKEXの登録方法や特徴・将来性を徹底解説!

Ryosuke
Ryosuke
仮想通貨ブロガーのRyosuke(Twitterはこちら)です! 記事をご覧頂きありがとうございます!

先日60倍程まで高騰し話題になったFcoinはご存知でしょうか?

今「第2のFcoin」と呼ばれているBKEXという取引所がとても話題になっています。

 

今回はBKEXの特徴や登録方法、取引所トークン「BKK」についても詳しく解説していきます!

取引所トークンの波はまだまだ続くのか、じっくりみていきましょう!

BKKを発行する取引所「BKEX」とは?

「BKEX」は中国発の仮想通貨取引所です。

先日価格が約60倍になり話題になったFT(Fcoinの取引所トークン)と類似した取引所として、現在の登録者30万人以上と急増しています。

 

取引開始日は6月15日になり、取引には本人確認が必要になりますので、検討中の方は登録だけでも済ませておきましょう。

後述するBKK(BKEX発行トークン)の取引開始は1ヶ月以内とのことです。

 

また、登録するだけで4000BKEXが貰えるで、無料でゲットしちゃいましょう!

BKEX公式ページはこちら

以下、基本情報です。

取引所名:BKEX(ビーケーイーエックス)

発行トークン名:BKK

公式サイト

ホワイトペーパー(中国語)

公式ツイッター

日本語公式テレグラム

(BKEXはBKKトークンとの交換が可能。交換比率情報があれば追記します!)

BKEXの運営者情報

CEOは中国でも有名な連続起業家

COOは世界的メーカー「HUAWAI」出身のシニアエンジニア。

CTOは中国のGoogle「Baidu」の広告検索の開発マネージャー、SCマイニングプールのCEO。

 

このように中国では著名な人物達が運営しているとのことです。

BKKトークンとは?

BKEX最大の特徴はFcoinを模倣した「トークン配当型の取引所」という点です。

BKEXが発行するトークン「BKK」を保有していると、大きく2つの配当を得ることができます。

①取引手数料の利益100%

②取引量に応じてBKKホルダーに40~50%

それぞれについて詳しく解説します。

①取引手数料の利益100%

なんとBKEXでは取引所トークンのBKKを保有していると、取引所収益の100%をUSDTで配布してくれます。

その割合はBKKの保有割合に応じるので、多く持っている分だけ配当がもらえます。

 

最近話題になったFTトークンは保有者に取引所収益の80%を配布していたのに対し、BKEXでは100%という点で、BKKトークンの値上がりが期待されています。

②取引量に応じてBKKホルダーに40%

BKKトークンは合計30億枚発行されます。

90日間を1サイクルとし、90日(3ヶ月)×16回=4年で全てのトークンが放出されます。

そこで発掘されたBKKは以下のように分配されるとのことです。

A.マイナーは40%のBKKを受け取ります。

B.紹介者は10のBKKを受け取ります。

C.コミュニティーパートナーは5%のBKKを受け取ります。

D.プラットフォームは10%のBKKを受け取ります。

E.BKEX運営が35%を受け取ります。

ホワイトペーパーより

つまり、A.B合わせて最大50%の報酬を受け取ることができます。

こちらは取引量に応じて配布枚数が決定することになるようです。

 

取引手数料の100%+BKKのマイニング報酬最大50%の配当が受け取れるという点では、かなり期待できる取引所・トークンになるのではないでしょうか。

報酬受け取りにおける注意!

The platform will daily count transaction data from 12:00:00 that day to 11:59:59 the next day, and issue new BKK to user accounts on the next day according to statistics.
———————————-
Please pay special attention, users need to log into the platform to receive dividend every day, otherwise the dividend on that day will be retrieved.

プレットフォームはその日の12時〜次の日の11時59分59秒までのデータをカウントし、次の日にBKKホルダーに新たなBKKを発行(配布)します。
ーーーーーーーーーーーーーー
注意事項として、ユーザーは毎日プラットフォームにログインする必要があり、そうすることでその日の配当を受け取ることができます。
要は、毎日ログインして配当を受け取る必要があるということです。
以下の画面の指示にしたがって報酬をもらい忘れないようにしましょう!

BKKの将来性は?

BKKの将来性については以下の3つの観点で推測できると思います。

①事前登録者数の伸び幅

②過去の取引所トークンの実績

③KBEX自体の使いやすさ

それぞれ詳しく説明していきます。

①事前登録者数の伸び幅

こちらはCEOのツイッターの投稿です。

「事前登録開始から30時間で15万人以上の登録がありました。」と言っています。

6月14日現在ではすでに30万人の登録を超えているとの情報もあり、その勢いはまだまだ止まりそうにありません。

この事前登録者数の急増からも、KBEX(特にKBB)への期待は高いと言えるのでは無いでしょうか。

②過去の取引所トークンの実績

現在主流になっている海外の仮想通貨取引所の多くは、独自の”取引所トークン”を発行していますよね。

現在世界で最も人気の取引所「BINENCE(バイナンス)」が発行するBNBトークンも、発行当初から比べると200倍近く上昇しています。

 

今回のKBBトークンと報酬体系が類似しているFcoinのFTトークンも取引開始から間も無くで、約60倍にまで価格をあげています。

 

以上の実情からもKBBトークンが今後価格を上げる可能性は高いのではないかと考えることができます。

③KBEX自体の使いやすさ

取引所トークン自体の価格が上がっているのは周知の事実ですが、その価格の上がり方も取引所のユーザビリティー次第であると感じます。

いくら取引所トークンだからと言って、使いにくい取引所を利用したいとは思いませんよね。

その点、先ほど紹介したBINANCEややHT(フオビートークン)を発行するHuobiは、取引所自体の利便性も高く、ユーザーもしっかりと定着しています。

つまり、「ユーザーが利用したい」と思える取引所かどうかで長期的な価格を予測できると考えます。(短期的には上がると思いますが)

 

現状のBKEXは取引通貨も少なく、まだまだユーザーにとって使いやすい取引所ではないと感じます。

今後の改善次第では長期的にも期待できる取引所トークンになるかもしれません。

BKEX公式ページはこちら

BKEXの登録方法

では登録方法について解説します。
日本語での案内もあるので安心して進めてくださいね。

まずはBKEXの公式ページにアクセスしましょう。

以下のページが表示されたら右上の言語選択で日本語を選び、「登録」をクリックします。

以下のページが表示されますので、指示通りに埋めて行きましょう。

「メール認証番号」は右のボタンをクリックしてから受け取りまでに少々時間がかかるので、その認識で待ちましょう。

登録完了後は「マイページ」から本人確認を進めて行きましょう。

また、電話番号認証・グーグル認証(二段階認証)は必ず設定しておいてください。

「実名認証」では以下の内容を記入していきます。

本人確認の写真については以下が必要になります。

①顔写真付きの身分証明書(パスポート・免許証)

②身分証明書の裏面

③「身分証明書」+「BKEX、日付」が書かれた紙を持った写真

③「身分証明書」+「BKEX、日付」が書かれた紙を持った写真のイメージは以下のようにすればOKです。

本人確認が完了しなければ取引を行うことができないので、なるべく早く完了させましょう。

BKKの評判は?

ツイッター内でも「第2のFT」と話題になっているのがわかりますね。

FTの実績からしても期待値はかなり高いかと思っています。

BKEXは第2のFcoinになるのか!?

先日のFTの暴騰から大きく期待されているBKEX。

現在では登録者数も30万人を超えており、一気に人気取引所となる可能性もあるかと思います。

本人確認を済ませれば無料4000BKEXを受け取ることができるので、是非今のうちに登録だけでもしておきましょう!

BKEX公式ページはこちら

 

その他の取引所トークンを見てみる

一緒に読まれている記事