BitMEX(ビットメックス)

【完全版】BitMEX(ビットメックス)取引所の使い方・設定方法は?初心者向けに解説!

Ryosuke
Ryosuke
仮想通貨ブロガーのRyosuke(Twitterはこちら)です!
記事をご覧頂きありがとうございます!

「BitMEX(ビットメックス)を使いたいけど使い方がよくわからない…」

「仮想通貨FXは初めてだから使い方を解説してほしい」

この記事をご覧のあなたは、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

僕も最初は使い方が全くわからず、全然トレードに身が入らない期間がありました。

そこで当記事では初心者の方でもわかるように「BitMEX(ビットメックス)の使い方・設定方法」について解説します。

この記事を一通り見れば、BitMEXの使い方は把握できますので、その後は慣れるまでの辛抱です。

しっかりと使い方を理解して、利益を上げていきましょう!

BitMEX(ビットメックス)の概要を理解しよう

取引所名BitMEX(ビットメックス)
運営会社HDR Global Trading Limited
拠点香港
設立年2014年4月
取扱通貨XBT(BTC),ADA,BCH,EOS,ETH,LTC,TRX,XRP
セキュリティー対策二段階認証あり
追証なし
手数料メイカー-0.0250%、テイカー0.075%
最大レバレッジ100倍

BitMEXは香港に拠点をおく、世界最大級の仮想通貨FX専門取引所です。
(サイト内ではビットコイン=XBTと表記されています)

ビットコインに加えて、複数のアルトコインのFX(レバレッジ取引)ができることで、国内でも大人気となっています。

「仮想通貨・ビットコインFXをやっている方であれば登録していない人はいない」そんな取引所なので、まだ登録していない方は早めに登録しておきましょう。

以下のリンクから登録すると手数料10%の割引を受けることができますよ。
(既に500名以上の方々が登録しています)

BitMEXに登録する
(こちらから登録すると手数料10%offになります)

BitMEX(ビットメックス)の特徴を理解しておこう!

実際にBitMEX(ビットメックス)を使う前に、他の取引所とは違う特徴を把握しておきましょう。

以下がBitMEX(ビットメックス)の特徴になります。

【BitMEXの9つの特徴】

①最大レバレッジが驚きの100倍!

②追証なしでゼロカット制度ありなので資産がマイナスにはならない!

③多数のアルトコインでもFX(レバレッジ取引)が可能!

④初心者にも安心の日本語対応!

⑤手数料が安くてお得に取引ができる!

⑥セキュリティー対策も抜群!

⑦サーバーが安定していてサクサク取引ができる!

⑧取引量が世界最大級!

⑨指値取引などで柔軟に取引ができる!

特にボラティリティーの大きいアルトコインでFX(レバレッジ)ができ、取引量も多いことがBitMEX(ビットメックス)の利点です。

BitMEX(ビットメックス)の手数料(テイカー.メイカー手数料や資金調達)を理解しておこう!

次にBitMEX(ビットメックス)の手数料について理解しましょう。

BitMEXの利用にあたって基本的にかかる手数料は以下の画像の通りです。
(BitMEX公式サイト「参考情報<手数料」参照)

BitMEXでの無期限契約の取引(XBTとETHのみ)では、資金調達8時間おきに行われますので、長期間のスイングトレード等をする際はご注意ください。

指値注文を意識してトレードすべし?

先ほどの図からもわかる通り、ビットコイン(BTC)もアルトコインも「メイカー(maker)手数料」マイナスとなっています。

つまり、指値注文ができると手数料分を受け取れるということになります。

 

ただし、注意しなければならないことが1つあります。

指値注文で注文したとしても、既に板にある価格で注文した場合は指し値注文とはカウントされません。

この場合は成行注文と同じく「テイカー手数料」を支払うことになります。

 

手数料の詳細について知りたい方は、以下の記事で細かく解説していますのでご覧ください。

BitMEX(ビットメックス)の手数料は高い?手数料を10%割引させる裏ワザを紹介!あなたは現在BitMEXという取引所を使っていて、「手数料が高いな...」と感じてはいませんか?BitMEXは他の取引所...

 

BitMEXは取引量も多いので、メイカー手数料を狙うことが難しいことが多いです。

しかし、maker/takerで手数料に大きな差が発生するので、なるべく手数料を抑えるように心がけましょう。

BitMEXに登録する

BitMEX(ビットメックス)の使い方【基本編】

それでは実際に、BitMEX(ビットメックス)にログインして、使い方を学んでいきましょう。

まだ登録を済ませていない方は、以下のリンクから登録しておきましょう。
>>>BitMEXに登録する

 

ログインページからBitMEXにログインすると初期状態ではこのような画面になります。

BitMEXの取引画面は以下の6つのツールによって構成されいます

1.取引値の入力欄

2.取引のレバレッジ変更

3.契約の詳細

4.メインメニュー

5.取引ペアの選択

6.ダッシュボード

それでは順に具体的な注文方法を解説していきます。

1.取引値の入力欄

基本的に取引の注文を行う際はこの部分を使います。

まずは以下の基本的な3つの注文方法について解説します。

【3つの基本注文方法】

・指値注文
・成行注文
・ストップ成行

それぞれ詳細を見ていきましょう。

指値注文

まずは指値注文の方法をみていきましょう。

指値注文とは?

指値注文とは、買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」とか「500円の指値で2,000株の売り注文」といった使い方をします。

指値注文の特徴は、買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ絶対に注文が成立しないという点にあります。

300円の指値で買い注文を出せば、株価が300円以下にならなければ注文は成立しません。また、500円の指値による売り注文は、株価が500円以上にならないと注文は成立しません。

「指値注文」「成行注文」の意味と使い方 より

以前までは「リミット」と表記されていましたが現在は「指値」に変更されました。

・「数量」は、購入したいXBTの価格分の値を入力

・「指値」は、購入したいXBTの価格を入力します。

例をあげますと、現在のビットコインの価格が4200ドルだったとし、ビットコインの価格が4000ドルに下がった時に1000ドル分のXBTを購入する注文をするとします。

この場合「数量」の欄に1000ドル、「指値」の欄に4000ドルを入力し、赤い「買い/ロング」をクリックするとその注文は完了し、購入板にその注文が並びます。

また、BitMEXはFX取引ですので「売り/ショート」注文も可能です。

成行注文

次に成行注文の方法を見ていきましょう。

成行注文とは?

成行注文とは、値段を指定しない注文方法です。「成行で1000株の買い注文」とか「成行で3000株の売り注文」といった使い方をします。

取引時間中に成行の買い注文を出すと、そのときに出ている最も低い価格の売り注文に対応して即座に注文が成立します。同様に成行の売り注文の場合は、最も価格が高い買い注文に対応して注文が即座に成立することになります。

「指値注文」「成行注文」の意味と使い方 より

上部のタブから「成行」を選択すると成行の注文が可能となります。

成行注文とは、売買を行うときに、値段を指定せずにその時の注文板に並んでいる注文からオーダーが成立することを指します。

例えば、以下のように並んでいる板から1000ドル分の買い注文を行う場合、1000ドル分の買いが全て成約するまで安い順に注文が成立します。

※注意

注文価格を入力せずに確実に約定し、一見便利に見える成行注文ですがこの取引方法には取引手数料が返ってこないと言う大きなデメリットがあります。

指値注文の場合だと取引手数料が返って来るケースもありますので、無駄な取引手数料を抑えたい場合はできるだけ指値注文で取引することをおすすめします。

ストップ成行

次に「ストップ成行」についてみていきましょう。

ストップ成行は、取引通貨の価格が「ストップ価格」に入力した値を買い注文の場合は数値以下の価格になったとき、売り注文の場合は数値以上の価格になったときに成行注文が執行されます。

主な使い時としては急に値段が高騰したり暴落した際でのロスカットを防ぐための損切り、利確をする時に使うことが多いとされています。

 

※注意

ストップ成行も、成り行き注文と同様取引手数料が返ってこないので注意しましょう。

2.取引のレバレッジ変更

取引レバレッジの変更は以下の画像の下側の四角にある部分から、クロスマージン・1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・24倍・50倍・100倍の9種類の倍率から選択します。

もしくは、右のペンマークから細かく倍率を設定することもできます。(例:7倍)

注文をする際は画像上部の四角内に書かれてある「注文価格 ≧ 利用可能残高×レバレッジ倍率」を超えなければ注文は可能となります。

クロスマージン(クロス)とは?

「クロス」になっているのが「クロスマージン」になります。

クロスマージンを選択した場合、その取引でのレバレッジは100倍となり取引されます。
また、残りの利用可能残高は全て証拠金維持に使われます。

例:利用可能残高に1XBTがあり、0.1XBTでクロスマージンでのトレードを行う場合、証拠金維持には残高の1XBTすべてが使われます。

つまり0.1XBTで証拠金維持率が100%とした場合、このポジションを取った時点での証拠金維持率は1000%となります。

クロスマージンを利用すれば証拠金維持率に余裕ができ、さらにポジションを取っている最中に入金したりすることによって維持率を調整したりすることもできます。

しかしその反面、証拠金維持に全ての残高を利用するのでロスカットされてしまった場合全ての証拠金を失うことになるのでご注意ください。

3.契約の詳細

③には、現在のXBTの価格や価格設定元、過去24時間の取引高、などの情報が掲載されています。

4.メインメニュー

【取引】:取引したい場合

【アカウント】:自分のアカウント情報を見る場合

【契約】:様々な取引ペアのチャートや出来高等の詳細を見る場合

【参考情報】:BitMEXの概要やよくある質問に対しての答え、
手数料についての詳細等を見る場合

【API】自動取引のbotなどに使うAPIについての詳細を見る場合

5.取引ペアの選択

BTC、ADA、BCH、EOS、ETH、LTC、TRX、XRPのうちの8ペアから取引する通貨ペアを選択します。
※BitMEXではビットコインを(XBT
)と表記しています。

通貨名の右側にある数字は、24時間前との比較となります。

6.ダッシュボード

画像の通り、チャートやオーダーブック、取引履歴などの現在の取引ペアの相場を表すものが並んでいます。

以下の画像のスイッチを右側にし、「カスタマイズ」を選択するとダッシュボード画面に表示されるツールを追加したり非表示にしたりできます。

BitMEX(ビットメックス)の使い方【応用編】

基本的な注文方法に続いて、応用的な注文方法を紹介していきます。

これから紹介する注文方法は以下の画像のように下三角(▽)を押し、そこに表示された注文方法から使いたい注文方法を指定してください。

ここでは画像で表示されている4つの注文方法について解説します。

・ストップ指値
・トレイリングストップ
・利食い(指値)
・利食い(成行)

それでは、それぞれの注文方法の内容と方法をみていきましょう。

ストップ指値とは?

ストップ指値は、ストップ成行と同様に取引通貨の価格が「ストップ価格」に入力した値を買い注文の場合は数値以下の価格になったとき、売り注文の場合は数値以上の価格になったときに注文板がオーダーブックに並ぶ注文方法です。

ストップ成行と違い、「指値」の欄に入力しなければなりません。

また、リミット価格と指値の価格を違った値で注文できるので急に値段が高騰したり暴落した際でのロスカットを防ぐための損切り、利確をする時に使うのがおすすめです。

トレイリングストップとは?

トレイリングストップ(Trailing Stop)は、高値・安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムで自動的に修正してくれる注文です。

売るなら少しでも高いところで売りたい、高値から下落してきたところで売りたい、という場合や、買うなら少しでも安いところで買いたい、安値から高騰してきたところで買いたい場合に使えます。

使い方としては、「数量」は注文したい量を入力し、「トレイル値」は売りの場合は「注文してからの最高値からどれだけ離れたら売却するか」の幅を、買いの場合は「注文してからの最安値からどれだけ離れたら購入するか」の幅を入力します。

これによって「最高値・最安値からトレイル幅分離れたら利確や損切り」という取引が1つの注文で自動的に行われます。

 

※注意

トレイリングストップの注文は成行で行われるので、通常の成行注文と同様取引手数料は戻ってきません。

利食い(指値)とは?

利食い(指値)は、注文する段階で利益のあるポジションに目標価格を設定するために利用できます。

トリガー価格・指値・数量などの入力欄があり、ストップ注文と似ていますが、このトリガーはストップ注文とは逆に、「トリガー価格」に入力した値を買い注文の場合は数値以上の価格になったとき、売り注文の場合は数値以下の価格になったときに注文板がオーダーブックに並びます。

利食い(成行)とは?

利食い(成行)は、上記の指値と同様、注文する段階で利益のあるポジションに目標価格を設定するために利用できます。

トリガー価格・指値・数量などの入力欄があり、ストップ注文と似ていますが、「トリガー価格」に入力した値を買い注文の場合は数値以下の価格になったとき、売り注文の場合は数値以上の価格になったときに成り行き注文が執行されます。

 

以上がBitMEXの注文方法の応用編になります。

最初から使いこなすのは難しいので、徐々に慣れていきましょう。

指値注文をメインにトレードをしよう!

BitMEXの手数料や使い方について理解出来ましたでしょうか?

使い方については徐々に慣れていくしかないので、少額で何度もトレードを繰り返していきましょう。

また、手数料については成行注文だと少々高い手数料がかかりますので、指値注文を心がけてトレードするようにすると手数料の節約になりますよ。

世界最大級の仮想通貨FX取引所ですので、しっかりと使いこなして利益を上げていきましょう!

BitMEXに登録する

一緒に読まれている記事