BitcoinCash

ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォーク!内容と対策とは?【11月15日】

Ryosuke
Ryosuke
仮想通貨ブロガーのRyosuke(Twitterはこちら)です! 記事をご覧頂きありがとうございます!

「ビットコインキャッシュがハードフォークするぞ!」

「ハードフォークに向けて価格が上昇中!」

11月16日午前1時40分頃にハードフォークを行うとして、Twitterの中ではかなりの盛り上がりを見せているビットコインキャッシュ(BCH)

 

2017年はビットコインのハードフォークが盛んに行われており、慣れている方も多いと思います。

しかし、2018年でここまで話題になるハードフォークは他にはありませんでした。

 

そこで当記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークの内容と対策についてまとめました!

ハードフォーク前後は価格の上下が激しく対応した取引所に預けておかなければならないなど、ある程度の知識が必要になります。

 

今回のハードフォークの内容を理解していない方、ハードフォーク時の対策がわからない方、しっかりと内容を理解していきましょう!

そもそも「ハードフォーク」とは?

2017年はハードフォークが盛んだったのでご存知だった方も多いかもしれませんが、今回は久しぶりのハードフォーク論争になります。

そこでまずは簡単に「ハードフォーク」について解説していきます。

 

「ハードフォーク」とは一言でいうと、「仮想通貨のアップデート」です。

ビットコインを始めとする多くの仮想通貨は「スケーラビリティー問題」という課題を抱えています。

スケーラビリティー問題とは?

ある仮想通貨のユーザーが増え、送金などによるトランザクションの増加に伴い、取引の遅延や手数料の高騰が起きてしまうこと。
(ユーザーが増えると使えなくなってしまうこと)

そのスケーラビリティー問題を解決するために、仮想通貨をアップデートさせることを「ハードフォーク」と呼びます。

 

ハードフォークは一般的に「一つの通貨が分裂すること」と捕らえられていますが、通貨が分裂せずにアップデートするだけの場合でもハードフォークと呼ばれています。

 

また、スケーラビリティー問題の解決策として、ハードフォークと対になる「ソフトフォーク」というものがあります。

ソフトフォークは通貨をアップデートしながらも、分裂せずに1つの通貨として扱われます。

【まとめ】

ハードフォーク⇒大型のアップデート、仕様変更有り

ソフトフォーク⇒小型のアップデート、仕様変更なし

ビットコインキャッシュもハードフォークから生まれた?

今回注目されている「ビットコインキャッシュ(BCH)」も、元々はビットコイン(BTC)がハードフォーク(分裂)して生まれた仮想通貨だということをご存知でしょうか?

他に分裂した代表通貨として、イーサリアム(ETH)から派生したイーサリアムクラシック(ETC)などがあります。

 

ではなぜ、単なるアップデートではなく、ハードフォークで一つの仮想通貨が分裂してしまうのでしょうか?

その理由は「開発関係者内での意見の分裂」です。

 

スケーラビリティー問題を解決する為には様々な方法があるのですが、その方法を巡って開発者同士が争いを始めます。

その結果「別々の通貨にするべきだ」として、分裂が起きてしまうのです。

今回のビットコインキャッシュハードフォーク論争の内容

では、今回のビットコインキャッシュのハードフォーク論争の内容を確認していきましょう。

BitcoinABCグループとBitcoinSVグループの対立

今回、「BitcoinABC」「nChain(BitcoinSV)」の二つのグループが対立したことにより、ハードフォークの可能性が浮上しました。

それぞれのグループでスケーラビリティー問題の対処法を争い、対立しているという形です。細かい内容はかなり技術的なので気になる方は調べてみてください。

今回のハードフォーク(分裂)が起こると、今までのビットコインキャッシュ(BCH)から新たにビットコインキャッシュ・サトシ・ビジョン(BSV)が生まれることになります。

ビットコインキャッシュは本当に分裂するのか?

しかし、先ほども言ったように、ハードフォーク=アップデートであり、分裂するとは限りません。

その中でビットコインキャッシュに詳しいシュウまっするさんが気になる投稿をしていたので参考にさせて頂きました。

こちらはnChain(BitcoinSV)グループCEOであるJimmy氏の投稿を訳したものです。

クレイグ博士もnChain(BitcoinSV)側の中心人物の一人です。

 

以上のことからnChain(BitcoinSV)側に「分裂の意思は無い」と受けるとことができます。

世間では「分裂する」と話題ですが、分裂しない可能性も十分にあるでしょう(むしろその可能性の方が高い?)

決着は11月15日までわかりませんが、私たちホルダーはどの結果になっても対応できる準備をしておきましょう!

分裂する場合の各取引所の対応は?

仮にビットコインキャッシュが分裂する場合、各取引所によって対応が別れてきます。

例:「A取引所では分裂しても両方対応します、B取引所では元々のBCHのみを扱います」

もし対応しない取引所にBCHを預けておくと、派生コイン(恐らくBitcoinSV)を受け取れなくなってしまいますので、要注意です。

 

以下では派生コインにも対応すると発表している取引所を紹介します。

海外取引所

以下の海外取引所が、分裂した場合にユーザーに対して派生コインを付与すると発表しています。

取引所付与有無入出金停止時間(日本時間)
BINANCEあり11月15日15時〜
Poloniexあり11月15日14時〜
OKExあり11月15日20時〜
CoinExあり11月14日21時〜
BitfinexHF後に発表HF実施70分前
BitMEXFXなのでなし

それぞれ入出金時間・スナップショット時間が変わります。

自分が利用している取引所の情報はしっかり確認しておきましょう。

国内取引所

現在、国内取引所で分裂に関する発表をしているのは以下の取引所です。
(取引所クリックでソースが見れます)

SBIバーチャルカレンシーズ付与予定(現金の可能性あり)
BITPoint未定
bitbank未定
zaif未定
ビットフライヤー未定
GMOコイン未定
コインチェック未定
Liquid by QUOINE付与予定

各取引所でスナップショット・入出金停止の時間が異なるので、注意が必要です。

自分が利用している取引所の詳細は、各リンクをクリックして確認しておきましょう。

対応するウォレット

ハードフォークに関しては取引所だけでなく、ウォレットの対応も気になるところです。

国内のウォレットでは「Ginco」が対応を発表しました。(詳細は以下)

ハードフォークにより分岐したコインへの対応方針

Gincoは取引所等とは異なり、仮想通貨資産の所有の証明となる秘密鍵は、お客様のもとにあるため、通貨がハードフォークした場合、自動的にBCHの保有量と同量の新通貨量が付与されます。

新通貨表示の対応方針

Gincoアプリでの新通貨の表示につきまして、対応は未定となっております。

BCHハードフォークに伴う当社の対応方針について

※その他ウォレットの対応状況についてご存知の方はDMやTwitterにてコメント頂けますと幸いです。

ハードフォークに向けての対策は?

今回のハードフォークが初めての経験という方も多いと思いますので、今後の対応について解説してきます。

私たちができる対応策は一つだけ。

「対応した取引所(ウォレット)にBCHを入れたまま待つ」です。

 

万が一BCHが分裂した場合でも、取引所(ウォレット)に入れておけば、それぞれの取引所が勝手に対応してくれます。

保管先は世界最大級の取引所「BINANCE」がオススメですので、まだ登録してない方は今のうちに済ませておきましょう。

BINANCEに登録する

また、ハードフォーク直前の入金・出金は避けた方が安全だと思われますので、注意が必要です。

ホルダーの方々は分裂するorしない、どちらにも対応できるように準備だけしておきましょう!

投機的な対策は?

万が一分裂することになった場合、投機的なポジションで話をすると、新しく誕生するBSVの動きに注目する必要があるかと思います。

なぜなら、過去に分裂したコインはどれも似たような動きをしているからです。

こちらの投稿にも書きましたが、今までにBCHやBTG、BCDなどの新たな分裂コインが誕生してきました。

その3つの通貨の誕生からの動きをみると、以下の点が共通していました。

【各通貨の高騰のタイミング】

・BCH 誕生直後+18日後

・BTG 誕生直後+16日後

・BCD 誕生直後+48日後

どれも誕生直後と数日後の高騰が見られました。

誕生初期はわかりませんが、数日後の高騰はその通貨を作ったグループが買い上げしているのだと思われます。
なぜなら、価格が落ちたままの通貨を誰も流通させようとは思いませんからね。

つまり、
「初期の高騰で売却→底値で買い→数日後の高騰で売却」が最高のパターンだと言えるでしょう。(それが難しいんですけどね。笑)

もしビットコインが分裂することになれば、この動きを意識しておくといいですよ。

 

Ryosuke
Ryosuke
以上、Ryosukeでした!参考になればシェア頂けますと幸いです!

では、新しい情報が入り次第、随時更新していきます!

「ビットコインキャッシュは本当に使われるのか?」雨弓氏の出版記念インタビュー!職業をフルタイムビットコインキャッシャーと名乗る、世界で唯一の男「雨弓(アメユミ)」氏をご存知でしょうか?彼は本日、「ビ...
一緒に読まれている記事