ビットコイン

【ビットコインの買い時はいつ?】現役投資家がおすすめするタイミングを伝授!

Ryosuke
Ryosuke
仮想通貨ブロガーのRyosuke(Twitterはこちら)です! 記事をご覧頂きありがとうございます!

最近多くの方からこのような質問を頂きます。

ビットコインを購入すべきタイミングはいつですか? もう手遅れですか?

そう思う気持ち、よくわかります。

僕も初めてビットコインを買う時に同じことを考えて、悩んでいました。

 

結論から言いますと、その悩んでいる今が「ビットコインの買い時」です。

 

今回は「ビットコイン・仮想通貨の価格が上昇すると考える5つの理由と購入すべきタイミング」を紹介します。

 

僕はビットコイン・仮想通貨の価格は間違いなく上昇していくと考えています。

ビットコイン購入に悩んでいるあなた、まだまだビットコイン市場は序章にすぎません。

じっくり読んで、悩みを解決していきましょう。

そもそもビットコインとは?

そもそもビットコインとはなんなのでしょうか?

ビットコインとは「インターネット上で使えるデジタル通貨」であり、法定通貨(日本円やドル)のように、紙幣のような実物が存在しない通貨です。

日本では仮想通貨法という法律があり、ビットコイン・仮想通貨は通貨として認められています。この流れは世界的にも急速に広まっており、国自身がビットコインに似たものを作るなんていう動きも出てきています。

動画でとてもわかりやすく説明されているのでぜひご覧ください。

ビットコインの価格が今後も上がり続ける5つの理由とは?

現在でもビットコインの価格は上昇していますが、今後はどうなるのでしょうか?

僕はこのまま更に価格を上げていくであろうと考えています。

歴史・ビットコインの仕組みなど様々な方向から、大きく5つの理由を説明します。

①ビットコインが利用されることはお金の歴史が物語っている

あなたはビットコイン・仮想通貨が今後世界中で利用されると思いますか?

僕は間違いなく利用されていくと考えています。

なぜなら、歴史が物語っているから。

 

「お金」の歴史を簡単に説明しましょう。

お金の歴史の大枠の流れは以下の通りです。

物々交換→貝殻を通貨とする→金を通貨とする→銀や銅を通貨とする→紙(紙幣)を通貨とする(今ココ)

この歴史の流れから考えられることは

「人間は楽に物の取引を行いたい」

 

という欲求が実現化してきているということです。

貝殻で取引してた時代は、「持ちにくく、価値が判断しにくい」

金で取引していた時代は、「価値はあるものの、数に限りがあるので将来的に扱いにくい」

銀・銅で取引していた時代は、「多額取引する時に不便」

紙幣が出てきた時代は、「持ち歩くことすら不便」

 

このように人間はある便利な状態に慣れてしまうと、それすらも不便に感じてしまうのです。

では、次の「持ち歩かなくて良い通貨」って・・・?

 

ビットコイン・仮想通貨ですよね。

このように歴史からビットコイン・仮想通貨が世界中で利用されることが考えられますよね。

②世界がボーダレス化し、法定通貨の存在価値が薄まる

現代では、インターネットの普及によりグローバル化が進んでいるとよく言われていますよね?
それはビットコイン・仮想通貨の価値にも関係しています。

こちらも歴史から遡れば簡単にわかります。

元々、人々は数人で群を作り狩猟採集生活をいていました。

その後、より大きな集団を作り、村のようなものが出現します。

戦国時代辺りからは小さな国が国内に出現し、互いに領土を奪い合っていました。

その後は明治維新等により「日本」という国が一つにまとまって行きました(省略してすみません笑)

この流れは世界でも同様です。

この歴史から「昔から世界のボーダレス化は進んでいる」ということがわかります。

 

今の日本では人口の減少が騒がれており、政府が「インバウンド・移民の受け入れ」を政策として打ち出しています。

この流れは日本だけでなく、様々な国で起こると考えています。
このように世界の人々が様々な国に移ることで困るのが「通貨」です。

 

海外に行くたびに、移住するたびに、通貨をわざわざ両替する必要がある。

海外によく行く方であればわかると思いますが、これは相当めんどうです。

 

前述した通り、人間は「より楽な生活」を求めます。

両替という面倒な行為をより楽にするには・・・?

 

ビットコイン・仮想通貨ですよね。

ビットコイン・仮想通貨は世界共通の通貨ですので、世界のどこに行っても両替の必要はありません。

日本もインバウンド・移民の受け入れを進めて行くのであれば、経済合理性上、ビットコイン・仮想通貨を推奨せざるを得ません。

だから日本では法律の整備も早く、他国のように厳しい規制などが行われないのです。

 

以上のように、世界のボーダレス化が進むにつれて、ビットコイン・仮想通貨の需要も高まっていくのです。

③世界では法定通貨の信用が無い国もある

日本では信じられないかもしれませんが、世界の国では法定通貨に信用がない国が山ほどあります。

例えば、2008年のジンバブエドルが5000億%のインフレーションを起こし、ほぼ価値がなくなった事例があります。

例えばこのジンバブエドルと同じことが起こると感じた国民はどういう行動に出るでしょう?

対策は以下の3つが考えられます。

①他国の法定通貨を買う(為替)

②金を買う

③ビットコイン・仮想通貨を買う

結論から言うと③が選ばれます。

なぜならインターネットがあればどこでも買えるから。

しかもどの国でも利用価値があるので、安心して保有しておけます。

 

このように、法定通貨に信頼がない国の人々は、近い将来にビットコイン・仮想通貨を購入し始めるのです。

④ビットコインは発行枚数が決まっている


ビットコインは発行枚数が定められているのをご存知ですか?

2100万枚が上限の発行数です。

 

発行枚数が制限されていれば価格が上がるのは簡単に説明できます。

以下の二つのパターンだとどちらがビットコインの価値が高いでしょうか?

① 世界に1枚しかないビットコインを5人が欲しいと思っている場合
② 世界に1枚しかないビットコインを70億人が欲しいと思っている場合

②の方がビットコインの価値が高いのは当たり前ですよね。

なぜなら物の価値は、需要と供給の量で決まるから。

わからない人は中学校の社会を学び直してください。笑

 

逆に法定通貨(日本円・ドルなど)はどうでしょう?

法定通貨は景気状況に応じて政府が自由に発行する権利を持っています。

政府が法定通貨を大量に発行したら、1円あたりの実質的価値が下がるのは明白です。

 

発行枚数が制限されており、政府に依存しない通貨であることから、今後の価格は上昇するだろうと考えます。

⑤投資人口と市場規模を比較

市場規模や投資している人口は他の市場と比べてどうなのでしょうか。

市場規模

[Infographic] Bitcoin And Cryptocurrency In Perspective より

内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

全世界のお金:83.6兆ドル(約9,400兆円)
株式市場:66.8兆ドル(約7,500兆円)
現金流通額:31兆ドル(約3,500兆円)
金(GOLD)の時価総額:8.2兆ドル(約920兆円)
米国ドル流通額:1.5兆ドル(約170兆円)
Apple社時価総額:8120億ドル(約91兆円)
Amazon社時価総額:4570億ドル(約51兆円)
仮想通貨全ての時価総額:1430億ドル(約16兆円)
ビルゲイツ氏純資産:860億ドル(約9.7兆円)
ビットコイン時価総額:660億ドル(約7.5兆円)

こちらは2017年8月22日現在のデータです。

 

8月当時、株式市場と比べて、ビットコインの市場規模は1/1000

 

2017年11月26日にCCMから新たなデータが出ていました。

暗号通貨市場規模は30兆円に到達、ビットコインはまもなく100万円

 

現在では既にビットコインの市場規模は30兆円を超えているでしょう。

ビットコインの価格は既に200万円近くになっており、数週間前と比べてもその市場規模の拡大のスピードを感じることができます。

 

また、ビットコイン・仮想通貨には実際に利用できるだけでなく、投資としての価値も認められており、今後、先物取引市場での取り扱い始まります。

ビットコイン先物、米取引所に相次ぎ上場へ CBOEは10日

 

ちなみに、FXの市場は180兆円と言われており、仮想通貨の市場は1/5ほどです。

価格の推移からみても、更に市場規模を拡大していくことは間違いないでしょう。

投資人口

投資人口に関してはどうでしょうか?

 

国内での投資を行なっている人口比率は約20~30%と言われています。

それに対し、ビットコイン・仮想通貨の投資人口比率は約2~3%と言われています。

その差は約10倍

 

ビットコイン・仮想通貨はまだまだ新しい技術なので、投資比率が低いのは当たり前。

つまり今後は以下のような流れになることがわかりますね。

人口は更に増えて行く→需要が高くなる→価格が上がる

先行者利益を得たい方はお早めに。

「価格が下がったら買おう!」と考えているあなたは既にタイミングを失っている

ビットコイン・仮想通貨の価格が下がったら購入しよう!

と考えてはいませんか?

そう考えている方はいつになっても買えないでしょう。

 

なぜならどこまで下がるか分からないから。

逆に、どこまで上がるかもわからないから。

 

2018年11月現在、ビットコインの価格は50万円を割っていて、今までの価格からすると割安だと言われています。

ここから価格が少し下がろうとも、微々たる変動にすぎません。

先ほどの理由から、もっと長期的な目線で見ていけば買うべきタイミングは今だと言えるでしょう。

ビットコインはどのように購入したら良い?

これからビットコイン・仮想通貨を買う人はどの取引所を使うべきか悩みますよね。

そんなあなたは以下の記事を参考にしてみてください。

【完全版】ビットコインの購入方法・買い方は?

 

僕は色々な取引所を利用してきましたが、上記の記事で紹介されている「GMOコイン」が最も簡単にビットコインを購入することができました。

また、ビットコイン以外にも人気のリップル(XRP)イーサリアム(ETH)の売買もできますので、好きなものを購入することができますよ。

仮想通貨投資は数千円〜1万円ほどの資金でも始めることができますので、この機会にぜひ試してみてくださいね。

【合わせて読みたい】

仮想通貨取引所は複数登録すべき5つの理由とは?

一緒に読まれている記事