bitbank(ビットバンク)

ビットバンク(bitbank.cc)の登録方法や入金・送金方法を解説!手数料についてもしっかり理解しよう!

ビットバンク(bitbank)とは?

ビットバンク(bitbank)とはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所の事です。

このビットバンク株式会社は時にはテレビに出ていたこともあり、皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

ビットバンク(bitbank)の特徴はなんといっても取引板からXRPを購入できる点です。

国内の取引所でXRPを取引板から買える主要な取引所は少ないので、かなり重宝するでしょう。
(私もヘビーユーザーです)

今回はそんなビットバンク(bitbank)の登録・入出金方法について紹介します。

 

細かく説明していますが、もしわからないことがあれば、TwitterのDMなりで連絡してくださいね。

ビットバンク(bitbank)の登録方法

まず、bitbankの簡単な登録手順は以下のようになります。

 

①公式サイトにアクセス

②メールアドレス入力

③基本情報の登録

④本人確認書類のアップロード

⑤二段階認証・SMS認証の設定

では順を追って詳しく見ていきましょう。

 

①ビットバンク公式サイトにアクセス

②「メールアドレス」入力

 

初めにビットバンクの公式サイトにアクセスしましょう!

 

この上の図のような黄色いホーム画面が出てきます。

この赤い矢印の先の「メールアドレス」の欄に自分のメールアドレスを入力しましょう。

そして、下の無料講座開設ボタンをクリックします。

 

すると登録したメールアドレスにメールが届きます。

本文にURLが書いてあるので、そこをクリックしましょう。

 

クリックするとパスワードの入力画面になるので自分の好きなパスワードを入力します。

確認のためもう一度同じパスワードを入力したら同意するというボタンをクリックしましょう。

そして□にチェックをいれると、ログインできるようになります。

 

③基本情報の登録

 

これは生年月日などの基本情報を入力する画面なのでそれぞれ入力していきましょう。

この時に、日本円を入金する際に使用する銀行口座と同じ名義にしなければいけないので注意してください。

 

基本情報の登録が完了すると下の図のような画面になります。

 

ここで目的と職業を選びます。(何でも大丈夫です)

その後「外国の重要な公的地位に当たるものに該当しません。」にチェックをいれたら、「登録」をクリックして完了です。

 

 

④本人確認書類のアップロード

最後に「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックして本人確認書類をアップロードできたら登録完了となります。

本人確認書類は免許書などの本人の顔写真が付いている物が必要です。

これの表と裏をスマホ等で撮影してアップロードしてください。

 

登録が完了したら取引を行う前に「二段階認証・SMS認証」を設定しましょう。

これをしないと不正アクセスされる恐れがあります。あなたの大切な資産を守るためにも必ず設定しましょう。

 

二段階認証・SMS認証の設定方法

 

まず、セキュリティーから二段階認証の設定をクリックしましょう。

まだ二段階認証アプリ「Google Authenticator 」をダウンロードしていない方は、ダウンロードしておきましょう。

ダウンロードが完了したら、そのアプリのカメラで認証コードを読み取ります。

その後、表示された番号を入力して「設定」ボタンを押せば完了です。

次にSMS認証を設定しましょう。

電話番号を入力して、「送信」ボタンを押します。

その後、電話番号宛に来た番号を入力すれば設定完了です!

 

二段階認証やSMS認証の他にもやっておくべきセキュリティー対策がいくつかあります。

私が実践している最強のセキュリティー対策をまとめた記事があるので、是非参考にして見てください。

[kanren postid=”1016″ ]

 

もし8桁程の甘いパスワードを設定している方や、外のフリーWiFiを利用している方はとっても危険ですよ!

自分の資産は自分で守りましょうね。

 

ビットバンク(bitbank)の入金・送金方法

さて、次にbitbank口座への入金・送金方法を解説します。

とっても簡単なので安心してくださいね。

入金編

日本円の入金方法

入金方法はとっても簡単。

画像内に指定されている銀行に入金するだけです。

振込依頼人名義に「入金番号」を入力するのだけは忘れないでくださいね。

仮想通貨の入金方法

仮想通貨を他の取引所からbitbankに送ることもできます。

こちらも簡単です。

①任意の仮想通貨を選択

②指定されたアドレスをコピー

③アドレスを送金元の取引所ページにコピペして送金

  

リップルの送金には注意!

リップルの送金の際には注意が必要になります。

画像のように、通常のアドレスに加えて「宛先タグ」というものが存在します。

この宛先タグを入力する画面が送金元の取引所の画面にもあるはずです。

これを入力しなければ、送金失敗となり、リップルを失う可能性もあります。

リップルの送金の際には絶対に忘れないようにしてくださいね。

送金編

日本円の送金(出金方法)

発生した利益を通常の銀行口座に戻したい時に利用します。

「入出金」から「出金」を選んで出金先の口座情報・出金金額を入力するだけです。

通常の振込作業と同じですので安心してくださいね。

仮想通貨の送金方法

こちらは、仮想通貨の入金方法を逆のことをするだけです。

 

①送金先で指定されたアドレスをコピー

②bitbankページでアドレスを貼り付け&送金枚数(金額)を指定

③送金(表記では「引出」)ボタン

 

こちらも同様に、リップルの送金には気をつけてくださいね。

ビットバンク(bitbank)の入金・送金手数料は?

入金手数料

日本円の入金手数料は銀行ごとの振込手数料となります。

金額にもよりますが、500円程になるかと思います。

仮想通貨の入金手数料も全て無料となって来ます。
(恐らく、出金元の取引所において手数料が発生します)

出金・送金手数料

出金手数料は各通貨ごとによって異なります。

ビットコインで送金は避けた方がいい⁉︎

経験上、ビットコインの送金は避けた方が良いです。

送金する際におすすめの仮想通貨は「リップル(XRP)」もしくは「モナコイン(MONA)」。

ビットコインと比べて、送金手数料が安く、送金時間もとっても短く済みます。

 

例えば、ビットコインだとスケーラビリティー問題というのがあり、送金詰まりを起こすことが多々あります。

送金詰まりがあると、1日経っても送金されないなんていうこともあるのです、、、。

 

それに対し、リップルやモナコインは送金詰まりもなく、すぐに送金が完了します。

ですので、送金する際はビットコインは避けてリップルやモナコインを利用するようにしましょう!

ビットバンク(bitbank)を使ってトレードを始めてみよう!

仮想通貨を始めようか迷っている方は、数千円でも良いのでとりあえずトレードをしてみることをオススメしています。

実際にやってみるとわかることが沢山あるはずです!

その点、bitbank(ビットバンク)は取引手数料が無料なので、どんどんトライすることができますよ!

是非bitbank(ビットバンク)を利用して見てくださいね!

bitbank公式ページはこちら

 

一緒に読まれている記事