リップル/XRPのFX(レバレッジ取引)ができるおすすめの取引所は?|国内・国外の取引所を紹介!




Ryosuke

仮想通貨ブロガーのRyosuke(@RyosukeC_C)です。

今回はリップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる取引所について解説していきますよ。

 

仮想通貨界隈ではいつも話題が尽きないリップル(XRP)。

Ω現物取引だけでは物足りない・・・。

と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は

「リップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる国内・国外の仮想通貨取引所」

を紹介していきますよ!

 

FX(レバレッジ取引)はリスクもありますが、下落相場でも利益をあげることができるので、是非挑戦してみてくださいね。

国内取引所

リップル(XRP)を扱っている国内の仮想通貨取引所はいくつかありますが、どの取引所でレバレッジ取引をすることができるのでしょうか?

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin」は国内の大手企業DMM.comが運営している仮想通貨取引所。

DMM.comは証券取引サービスを行なっているため、提供されるサービスの質には定評があります。

また、他の取引所がサーバー問題(サーバー落ち)などで話題になることがありますが、DMM Bitcoinでは聞いたことがなく、安定した取引所と言えるでしょう。

取扱い通貨

DMM Bitcoinでの取扱い通貨は以下の通りです。

現物取引レバレッジ取引(FX)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)×
リップル(XRP)×
ネム(XEM)×
ビットコインキャッシュ(BCH)×
イーサリアムクラシック(ETC)× ◯

DMM Bitcoinは現物取引というよりは「レバレッジ取引がメインの取引所」という印象です。

実際に、アプリも出ていますが国内ではトップクラスに使いやすいデザインになっています。

手数料・ロスカット情報など

レバレッジ可能範囲最大5倍
ロスカットルール有:証拠金維持率80%以下で発動
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.04%/日

レバレッジ範囲が最大5倍でやや少なめではありますが、ロスカットルールもあり、初心者には安心して利用できる取引所と言えるでしょう。

ロスカットとは?

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。

FX初心者の入門講座

 

国内でアルトコインのレバレッジ取引ができる取引所は「DMM Bitcoin」だけなので、リップルのレバレッジ取引に挑戦したいからは是非利用してみましょう!

DMMBitcoin公式ページはこちら

また、国内の仮想通貨取引所は複数登録しておくことをおすすめしています。

複数登録することで利益をあげることができたり、リスク分散できたりもします。

詳細は以下の記事をご覧下さいね。

仮想通貨初心者に取引所の複数登録をおすすめする5つの理由とは?

2017.10.14


海外取引所

次に海外取引所を見ていきましょう。

海外取引所にはリップルやその他のアルトコインのレバレッジ取引ができる取引所がありますが、最も人気のある取引所「BitMEX」を紹介していきます。

最大レバレッジ100倍?BitMEX

海外でリップルのレバレッジ取引ができるおすすめの取引所「BitMEX(ビットメックス)」。

ビットコインFXで日本人のユーザーが多い取引所でも有名で、最大レバレッジ100倍で取引できるのが人気の秘密です。

また、海外取引所なのにも関わらず、日本語にも対応しているので、初心者の方でも簡単に利用することができます。

取扱い通貨とレバレッジ倍率

ビットコイン(XBT)100倍
イーサリアム(ETH)50倍
ライトコイン(LTC)33.3倍
モネロ(XMR)25倍
ビットコインキャッシュ(BCH)20倍
イーサリアムクラシック(ETC)20倍
カルダノ(ADA)20倍 
ネオ(NEO)20倍
ダッシュ(DASH)20倍
リップル(XRP)20倍
ステラ(XLM)20倍
ジーキャッシュ(ZEC)5倍

※BitMEX上ではビットコイン=XBTと表記されるので、利用の際はお気をつけください。

先ほども説明した通り、ビットコインは100倍までレバレッジをかけることができ、リップルは最大20倍までレバレッジをかけることができます。

ビットコインを始め、アルトコインにここまでのレバレッジをかけて取引ができる取引所は他にはありません。

各種手数料

銘柄メイカー手数料テイカー手数料決済手数料
ビットコイン(XBT)-0.025%0.075%0.05%
イーサリアム(ETH)-0.05% 0.25% 0.25%
ライトコイン(LTC)-0.05% 0.25% 0.25%
モネロ(XMR) -0.05% 0.25%  0.25%
ビットコインキャッシュ(BCH)-0.05%0.25% 0.25%
イーサリアムクラシック(ETC) -0.05% 0.25%  0.25%
カルダノ(ADA) -0.05% 0.25%  0.25%
ネオ(NEO) -0.05% 0.25%  0.25%
ダッシュ(DASH) -0.05% 0.25%  0.25%
リップル(XRP) -0.05% 0.25%  0.25%
ステラ(XLM) -0.05% 0.25%  0.25%
ジーキャッシュ(ZEC) -0.05% 0.25%  0.25%

手数料に関しては、ビットコインがやや優遇されています。

必要証拠金率とロスカット率

BitMEXでは、ポジションの枚数に応じて必要証拠金率とロスカット率が変動します。

以下がその例です。

〜200BTC:必要証拠金率 1%(100倍)、ロスカット率 0.5%(50%)
〜300BTC:必要証拠金率 1.5%(75倍)、ロスカット率 1%(66.66%)
〜400BTC:必要証拠金率 2%(50倍)、ロスカット率 1.5%(75%)
以下100BTCごと:必要証拠金率 +0.5%、ロスカット率 +0.5%

参考:BitMEXのレバレッジと証拠金調整

ロスカットラインなどはしっかりと見極めながら取引を行う必要がありますね。

 

ロスカット有り・追証無しで、ここまで大きなレバレッジをかけることができる取引所は他にはないので、レバレッジ取引に挑戦したい方は登録必須の取引所です!

BitMEX公式ページはこちら

リップルのレバレッジ取引で利益を上げていこう!

仮想通貨界隈ではビットコインFXだけに焦点が行きがちですが、リップルなどのアルトコインのレバレッジ取引にも大きなチャンスが隠れています。

リップルは国内・国外においてどんどんと人気が出てきているので、将来性にも期待できる仮想通貨です。

「ここは上がる or 下がる!」と感じた際には、レバレッジ取引で利益を上げて行きましょう!

 

他にも、海外には国内にはない特徴的な取引所が多くあります。

だ国内取引所のみを利用されている方は、是非以下の記事を参考にして海外取引所デビューしちゃいましょう!

【徹底比較】海外のおすすめ仮想通貨取引所ランキングTop5を紹介!あなたにぴったりの海外取引所はどこ?

2017.10.22