Google・Appleが仮想通貨決済のAPIを実装!リップルとの意外な関係も明らかに!

こんにちは。

Ryosukeです。

先日GoogleAppleなどの世界的企業が仮想通貨決済に対応したAPIを実装した記事がcoindesk内の記事で発表されました。

今回はその内容だけではなく、API実装とリップルとの知られざる関係性について書いていきたいと思います。

リップル/rippleが今後さらに価値を高める材料になる可能性が高い内容ですので要チェックです!

 

 

Google、Appleなど暗号通貨対応のAPIを採用!

 

元の記事の内容はこちらです。

Google、Appleなどが仮想通貨での決済に対応したPayment Request APIを実装へ
 
2017-09-18
CC BY-SA 3.0 Nick Youngson

仮想通貨の技術を活用し、多くのテクノロジーが恩恵を受け、発展を遂げている。W3C(World Wide Web Consortium)がGoogleやApple、Microsoft、Mozilla、Facebookと共同で仮想通貨での支払いに対応したブラウザAPIを開発し、また企業らがこれを採用することが分かった。米CoinDeskにより伝えられている。

ビットコインなど仮想通貨は、インターネット上での通貨として取引が行われ需給関係が生じることにより成り立っているが、このようなAPI実装によりさらにインターネット上での商品やサービスへの支払いなどが円滑に行えることが期待される。

W3Cによって進められているこの取り組みは、2013年に考案された「通貨に依存しないWebでの支払い」を普及させる第一歩とし、仮想通貨はより勢いを増していくとしている。

2016年6月に開催したブロックチェーンワークショップでは、多くの参加者がブロックチェーン技術の一般普及に関心を持っていたが、当時は正式な作業などは明確ではなかったという。

今回発表されたAPIはすでに、GoogleのChrome、AppleのWebkit、MicrosoftのEdge、MozillaのFirefox、Facebookのアプリ内ブラウザ、Samsungのインターネットブラウザなどで実装可能となっており、これを有効化することでPayment Request APIにより、ビットコインなどその他任意の仮想通貨をブラウザに直接取り込む新しい支払い方法を実現させるという。

CoinDeskのインタビューに対し、W3Cのペイメント活動の責任者である、イアン・ジェイコブス氏は以下のように語っている。

「例えば、特定のURLでビットコインでの支払いを受け付けし、その支払い方法をサポートするアプリケーションを配布することができます。」

特定のURLというのは明らかにされていないが、一部では実装が待たれているHTTPステータスコードの「402 Payment Required」にリクエストされるものではないかとのルーマーも見られる。期待からさまざまな憶測が飛び交うが、いずれにしろ実用化もそう遠い日ではないかもしれない。

その理由のひとつとして、最近の進捗についてジェイコブス氏は、次のようにも述べている。

「このAPIを使用している企業を早期に見ることになるだろうし、2018年半ばには、時とともに普及に向けてブラウザのサポートが増えるだろう」

また、「現在、開発者が利用できる支払い方法のコードを書くのに適した時期だ」とも語っている。

W3CはWebの開発者である、ティム・バーナーズ=リー氏が創設したwwwの技術を標準化、推進することを目的とした非営利団体。このコンソーシアムによるGoogleやApple、Microsoftなどその他大手企業と共同でのプロジェクトに方方では多く期待の声が寄せられている。

参考:CoinDesk

簡単にまとめると・・・

 

今までのネット決済では、クレジットの番号登録などめんどくさい作業が山ほどあったと思います。

それが今後、自分の仮想通貨のウォレットを紐付けておくだけで、簡単に決済をすることができるようになるということです。

 

まだまだ仮想通貨決済は世界的にはマイナーですが、今回のAPI実装により急激に仮想通貨決済の波が広がっていくのではないでしょうか。

 

API実装にはリップル社との深い繋がりがあった⁉︎

 

実はこの記事からリップル社が関係していることがわかります。

W3C(World Wide Web Consortium)がGoogleやApple、Microsoft、Mozilla、Facebookと共同で仮想通貨での支払いに対応したブラウザAPIを開発し、また企業らがこれを採用することが分かった。

 

W3C(World Wide Web Consortium)についてご存知でしょうか?

 

 

W3Cとは「World Wide Web Consortium」の略称。

「世界中のWeb技術を標準化し、推進していこう!」と活動する非営利団体です。

 

W3Cの創設者に

ティム・バーナーズ=リー

という人間がいます。

 

このティム・バーナーズ=リーがリップルと密接に関係しているのです。

時は戻り2017年8月

リップル社の突然のカウントダウンを開始し、終了と同時に「SWELL」というカンファレンスの開催を発表しました

SWELLはカナダ・トロントにて10月16日~18日に開催され、今後のRippleが提供するオンライン決済システムに関する製品説明が行われます。

驚くことに、そのSWELLの登壇者ティム・バーナーズ=リーなのです。

(右のダンディーな方です)

以上から、今回のAPI実装(W3C)とリップル社の関係性がわかりますよね。

 

APIにリップル社のILPが採用されている⁉︎

では、具体的にAIP実装とリップル社にどのような関係があるのでしょうか。

 

結論から言うと、実装されるAPIにリップル社のILP(インターレジャープロトコル)採用されたのです。

その噂の元となったツイートがこちら。

 

リップル社のILPが採用されたことにより、今後XRPの普及はほぼ間違い無いでしょう。

 

リップルの送金システムを支えるILPとは?

そもそもILP(インターレジャープロトコル)とは何でしょうか?

ILPについてわかりやすい記事から引用させて頂きました。

国際送金など複数の金融機関をまたぐ形での取引を行う場合、異なる取引記録データベース(=決済ネットワーク)を経由する必要があるため、大きな時間的・費用的コストがかかります。2015年10月にリップル社が発表した「インターレジャープロトコル」は、複数の取引台帳を接続することで異なる決済ネットワークにまたがる取引を実現します。

(中略)

複数の金融機関やブロックチェーンにまたがる取引をリップルネットワークを介して実行できるようになるため、時間や費用をかけずに取引を行うことができます。

(中略)

インターレジャープロトコル自体はブロックチェーンではなくあくまで接続システムであり、既存のリップルネットワーク(XRP Ledger)とは独立して存在しています。

リップル社がインターレジャープロトコル(ILP)のビットコインプラグインを公開 より

雑な図説。

簡単に説明すると、

「複数の金融機関やブロックチェーンにまたがる取引をILPを介してスムーズに行うことができる」

と言うことです

 

また、これをXRPという通貨を使って実現していくと言うのがリップル社の狙いです。

 

既にイングランド銀行などもリップル社のILPを活用した実証実験を実証し、世界的に高い評価を得ています。

このILPにより世界の通貨という壁がどんどんなくなっていくのです。

 

リップルは更に活躍の幅を広げる!

リップル社が作った仮想通貨XRPは元々国際送金を目的として作られた通貨です。

それが、今回のようにGoogleやAppleのブラウザ上での少額決済(マイクロペイメント)にも活用されることが明らかになりました。

仮想通貨に関わらず、「通貨」たるものの価値が担保されるには「流動生」が重要な要素となります。

今回のAPI実装によりXRPの流動生への期待感が更に高まりましたね。

気になった方はリップル社の通貨XRPを購入してみてはいかがでしょうか?

 

リップル(XRP)の購入におすすめの取引所はビットバンク

手数料無料で板取引ができるので、無駄な手数料が一切なし!

ビットバンク(bitbank.cc)の評判や登録方法、手数料は?メリット・デメリットを解説!

2017.12.23

 

合わせて読みたい!

仮想通貨初心者に取引所の複数登録をおすすめする5つの理由とは?

2017.10.14

コインチェックの手数料は高い?他の取引所と比較してみた!あなたは無駄な手数料を払っているかも・・・?

2017.12.16