【ICO】mine(マイン)とは?仮想通貨/コインの特徴・将来性について解説!




Ryosuke

仮想通貨ブロガーのRyosuke(@RyosukeC_C)です。記事をご覧頂きありがとうございます!

 

あなたは壮大なビジョンを掲げる仮想通貨(ICO)「mine(マイン)」をご存知でしょうか?

中国初の認可を受けたマイニング工場を運営したり、銀行と提携しライセンスを取得したりと既に大きく事業が動いている話題の仮想通貨です。

ユーチューバーのラファエルが紹介したことで話題にもなっています。

 

この記事ではmine(マイン)の特徴やICOについて詳しく解説していきます!

成功するとかなり価値のあるトークンとなる期待のできるICOなので、じっくりとご覧くださいね。

mine購入ページはこちら

独自の経済圏を創るmine(マイン)とは?

 

mine(マイン)は「仮想通貨が広く利用される世界」を作ることを目的としたプロジェクトです。

仮想通貨の真価を発揮させるには、誰でも簡単に決済ができる仕組みを作ることが必要だ。さらにはその仮想通貨を使えば使うだけその仮想通貨が手に入り、その仮想通貨の価値をより高めることができれば利用者は一段と増え、1つの大きなコミュニティが形成される。通貨自体の価値が半 永久的に増え続けることで、その通貨を使う頻度も比例して増えていく。このループが仮想通貨を 軸にした経済圏を作る根底の仕組みである。

この仕組みを実現するのが mine であり、私たちが「マイニング経済圏」と呼ぶものである。

mine とマイニング経済圏こそが、私たちの目指す「仮想通貨が広く利用される世界を作る」というビジョ ンを実現させ、人々をより豊かな生活へと導いていくものと確信する。

ホワイトペーパーより抜粋

 

現在、仮想通貨が普及しきれていない理由の一つに「仮想通貨を使用する度に法定通貨に換算するので、法定通貨に依存せざるを得ない」ということがあります。

それに対しmineは、mineだけで成り立つ経済圏を創り上げようとしています。

詳しくは以下で解説していきますよ!

mine(マイン)が創る経済圏の4要素って?

mineの目的「マイニング経済圏」を作り上げるために必要な要素を4つ上げています。

①マイニングファーム

②mine wallet

③mine デビットカード

④MoT(Mining of Things)

それぞれについて簡単に説明して行きます。

①マイニングファーム

マイニングファームを運営することで、仮想通貨への投資が自動的に繰り替えされる事になります。

このマイニングで得た利益はmine保有者・利用者に還元されるシステムになっています。

 

現在はスーパーコンピュータにより、イーサリアム(ETH)をマイニングしているとのこと。

今後は他のPoW系の仮想通貨をマイニングする可能性もあるようです。

②mine ウォレット

決済として仮想通貨を利用する場合、ウォレットは必須になります。

そこでmineは独自のウォレットを開発していくことになります。

 

mineが発行するウォレットにmineトークンを入れておけば、自動的にマイニング利益の分配を受けることができる仕組みになっています。

利用者・保有者共にmineが付与される仕組みを創ることにより、流動性を高めていくことになります。

③mine デビットカード

仮想通貨が「誰にでも使えるもの」になるためには、決済としての機能が必須になります。

mineは既に海外の銀行と提携しており、VISA機能がついた「mineカード」を発行する予定です。

 

mineカードではmineトークンだけでなく、BTCやBCH、ETHなどの人気仮想通貨での決済も可能になります。

また、利用した分の3.5%(利用分の5%中の70%=3.5%が還元)が利用者に還元される仕組みです。

④MoT(Mining of Things)

これはmineの開発者が提唱しているもので、「モノにマイニングに関係するものを載せてしまう」という発想。

一言で言うと「モノを買うとmineが入ってくる」という仕組みです。

 

これにより、mineの流動性が高まり独自の経済圏を作り上げることができるのです。

mine(マイン)の注目すべき特徴3選!

では次に、mineの注目すべきポイントを3つ紹介していきます!

中国初!正式に認可を受けたマイニング工場

中国は仮想通貨に対する規制が特に厳しいことはご存知でしょうか?

認可を受けていないマイニング工場は次々に閉鎖させられるなど、日本とは比べ物にならないほど厳しい規制のようです。

 

mineで注目すべきは「中国国内で初めて正式に認可を受けたマイニング工場を運営している」という点です。

 

中国は基本的にマイニングは禁止されているのですが、mineの工場は特別な場所に設置してあります。

そこは「ウイグル自治区」と言います。

 

その名の通り「自治区」なので、中国国内に位置しながらも独自の規制を行う地域なのです。

そのウイグル自治区でも唯一マイニングの認可を得ているのがmineなのです。

デビットカード発行のために既に銀行と提携済み

一般的に、デビットカードを発行するためには、銀行が持つライセンスが必要なようです。

mineは既にコモロ諸島にある銀行と提携をし、ライセンスの取得が完了しているようです。

 

通常のICOだと「今後取得予定」というものが多いが、mineのこの点は信頼に値するものだと思います。

 

mine運営自身もトークンセールに参加する⁉︎

通常のICOでは、発行されたトークンの数十%を運営主体が保有します。

なので、運営主体によって価格を左右することも不可能ではないのです。

 

それに対しmineは、運営主体自身も一般の参加者と同じ条件でトークンセールに参加し、500万ドル(約5億円)を購入予定だと公言しています。

こうでなければフェアでないという想いから、運営自身もトークンセールに参加する道を選んだようです。

mine(マイン)のロードマップ

mineのロードマップについて簡単に見ていきましょう。

2018年Q1:プライベートセール実施

2018年Q2:トークンセール実施・配布、ファームの建設

2018年Q3:wallet α版リリース、mine card申込開始、マイニングプールの設置、取引所上場

2018年Q4:wallet正式版リリース、ETH分配開始

 

投資家にとって重要な「取引所上場日」は、2018年11月を想定しているとのことでした。
トークンセール終了後から期間は若干ありますが、その期間で事業をしっかり進めていくことを重点に置いているようですね。

ICO情報の詳細

では、mineのICOについて解説していきます。

◯概要
トークン名:mine

シンボル:mine
販売数:2500億トークン
トークン価格:1mine=0.001ドル(約0.1円)
トークン仕様:ERC20
 
◯ボーナス

・10万ドル以上:5%
・100万ドル以上:10%

 

調達した資金の用途については以下の画像をご覧くださいね。

ICOの実施は5月27日〜になります。

調達額が集まり次第終了しますので、検討中の方はマークしておきましょう。

mine購入ページはこちら

mine(マイン)の評判・口コミ

実際のmineの評判や口コミはいかがでしょうか?

Twitter内には賛否両論ありましたが、実際にマイニングを行なっており、既に数億のお金を投資していると思われます。

まだ実態のないICOよりも格段に信憑性があることは間違いないと思います。

mine(マイン)の将来性はいかに・・・⁉︎

mineのビジョンやプロジェクトについて理解できましたでしょうか?

・デビットカード発行のための銀行との提携は既に完了

・中国で唯一認可を受けたマイニング工場

・既にマイニングは実行されている

以上の点から考えるに、信憑性はかなり高いICOだと感じています。

中長期的に投資をして、上場のタイミングを待つのも良いかと思います。
ICOまでに様々な情報が発表されると思いますので、注視しておきましょう!
※上場先の情報等が新たに発表され次第、追記していきます。