ICO

CAMPFIREがCOMSA上のICOを中止⁉︎参加企業とテックビューロの情報まとめ

「CMPFIREのICO中止⁉︎」

 

こんにちは。

Ryosukeです。

先日、COMSAのICOにおいて「CAMPFIREのICOは実施されない」という衝撃的なニュースが流れました。

現状、様々な情報が流れており、困惑する方も多いのではないでしょうか?

 

COMSAのICOへの参加を考えていた方は、一度立ち止まって冷静に状況を整理する必要があります。

 

早速、COMSAについての情報をまとめたので最後まで読んでみてください!

 

COMSAについて知りたいあなたはこちらの記事を!

 

 

COMSAホームページで内容が変更されている

先日、COMSAのホームページのICO案件急遽削除されました。

COMSAを不安視する声が上がり始めたのは言うまでもありません。

 

       ↓

全ての案件が「調整中」となりました。

上記に対するテックビューロ朝山氏の回答

「皆さんの想像の上を行こうと思います。」

 

朝山氏のこのような発言には誰もが心を躍らせたのではないでしょうか?

この時は僕も、COMSAに対してプラスのイメージを持っていました。

 

それが絶望へと変わるのです。

 

CAMPFIREがCOMSA上でのICO中止を発表⁉︎

9月29日。

 

「COMSAでのICOは行わない」

 

株式会社CAMPFIREが自社サイトで公表しました。

ホワイトペーパー上でICOが確定されている企業として発表されていたので仮想通貨界隈は騒然

一部報道機関より、仮想通貨を使った資金調達用ICO(Token Sales)ソリューション「COMSA」にて当社がICO(Token Sales)を行うとの報道がなされていますが、双方で詳細な諸条件などに基づいて合意に至った事実はなく、今後もCOMSA上でICOを実施する予定はございません。
当社は事業領域拡大のため、ICO(Token Sales)領域への参入を別の手段で検討しております。

-ICOに関する一部報道につきまして。株式会社CAMPFIRE-

 

 

また、実はCOMSA が発表された時(8月)から「検討中」と公表していた模様。

何をやるべきかという議論の中で、まずは自分たちがICOをやるべきという結論に至ったのがひとつあります。ただそれを自前でやるのかどうかを協議しているところです。取引所をオープンした際に独自トークンの話はしていたのでようやくこの話ができるのかなと。

CAMPFIREのICOはまだ「検討中」ーーVALU、Timebankが語るトークンセールが実現する個人評価の時代 #bdash2017夏

CAMPFIRE自身も独自のトークンを発行し、トークンコミュニティーを生み出すという将来的な展望はあるようです。

 

 

問題はそのICOをどこでやるのか

 

CAMPFIREは自社で「FIREX」という仮想通貨取引所を持っています。
(現在はリニューアル目的で休止中)

 

テックビューロのCOMSAを活用せず、自社のFIREXを使ってのICOを検討しているということが考えられます。

企業としては自社サービスで運用した方が圧倒的に手数料等のコストがかかりませんからね。

 

今後の動向には要チェックです!

 

プレミアムウォーターホールディングスもICOは確定ではない⁉︎

プレミアムウォーターホールディングスも同様に、「検討中」と公表していたようです。

プレミアムウォーターでトークンを発行するか否かを含めて、今後、総合的に検討し ていく段階であり、まだ確定した情報はありません。 2017/8/3

当社グループとテックビューロ株式会社との間の トークンの発行に向けた検討について

 

こちらもホワイトペーパーには実施予定と書いてあったものの、現在では実行しないとの噂が有力です。

 

テックビューロと各企業の認識の違い⁉︎ICOは本当に中止なのか⁉︎

29日夕方、COMSAテレグラムでの朝山氏の発言をまとめました。

 

「両社との準備していたのは事実ですからね。」

「合意なしに(WPに)載せるわけないですよ。それ以上は上場企業として情報開示ルールがあるので、こちら手動で情報公開ができないだけです。」

「状況が分かる内容を準備いたします。」

などなど。

 

Twitterでも以下のように発言しています。

https://twitter.com/TakaoAsayama/status/913685159685132288

 

発言内容から察するに、テックビューロと各企業の認識の齟齬があったのかなと思います。

「テックビューロは確定だと思っていたものの、各企業は検討中でしかない」という状況が考えられます。

 

 

zaif取引所はメンテナンスが続く

COMSAで騒然としている中、zaif取引所が長時間に渡って「メンテナンス中」となっています。
(9月30日11時現在)

COMSAとの連携で価格をあげたzaifトークンの現在の価格もわからず。

もし、COMSAのICO案件が中止となると、信頼度も含め価格が下落することも予測されますね。

【追記】
2017/9/30
18時現在、ログインはできるようなりました。
しかし、取引はまだ開始されていなません。

開始直後の暴落の可能性が大きいと思われるので、ホルダーのあなたは要注意!

今後のCOMSAはどうなる⁉︎

COMSAについての最新の情報をまとめました。

なかなか悪いニュースばかり流れているので、COMSAを不安視する声が多数上がっていますね。

革新的なICOプラットフォームであり、期待が大きかっただけに複雑な心境です。

 

ICOまで残り2日。

まだまだどうなるかわからないので、常に情報をチェックして行きましょう!

以上、Ryosukeでした!

ブログ・Twitterでのコメントお待ちしています^ ^

↓他にも色々な面白いブログがあるよ!↓

〜オススメの取引所〜