ビットバンク(bitbank.cc)の評判や登録方法、手数料は?メリット・デメリットを解説!

国内で人気上昇中の取引所「ビットバンク(bitbank.cc)」をご存知でしょうか?

板取引が可能で、リップル(XRP)モナコイン(MONA)などの人気通貨を取り揃えている取引所です。

こんかいの記事ではビットバンクの評判特徴・手数料について、詳しく紹介していきます。

他にも、実際にビットバンクを利用してみてのメリットデメリットを紹介していきますので、まだ口座開設していない方はぜひ利用してみてくださいね!

 

既にコインチェックやビットフライヤーなどで取引をしている方も、仮想通貨取引所の口座を複数登録しておくことでのメリットが沢山ありますので、気になる方は以下の記事をぜひご覧ください!

関連記事

 

ビットバンクとは?

国内の仮想通貨取引所「ビットバンク(bitbank.cc)」はご存知でしょうか?

国内の大手取引所である「コインチェック(coincheck)」、「ビットフライヤー(bitFlyer)」、「Zaif(ザイフ)」に隠れてしまっていますが、実は人気急増中の取引所なのです。

運営会社概要

ではビットバンク(bitbank.cc)を運営しているビットバンク株式会社の会社概要を見てみましょう。

社名ビットバンク株式会社
住所東京都品川区西五反田7丁目20-9
設立2014年5月
代表代表取締役CEO 廣末紀之
資本金11億3100万円
所属団体日本仮想通貨事業者協会
ブロックチェーン推進協会

代表である廣末紀之さんの経歴は以下の通り。

広末さんはブロックチェーンの衝撃」という本を執筆しており、仮想通貨・ブロックチェーンに精通した知見をお持ちの方であると聞いたことがあります。

取引所が信頼できるかどうかの一つの基準として、資本金があると思います。

資本金に関しても、他の大手取引所と比べても遜色ない、むしろ信頼できるほどの資本金がありますね。
(参考:コインチェック:9800万円、Zaif:8億3000万円)

また、自社でも「BTCN」という仮想通貨に特化したニュースメディアを運営しています。
画像

こちらのニュース記事はコンテンツ・質がとてもよく、私もよくチェックしています。

信頼の置ける会社と言っても問題ないのではないでしょうか。

 

取引所「ビットバンク(bitbank.cc)」概要

次に、実際に取引を行う「ビットバンク(bitbank.cc)」の取引可能な通貨や手数料をみていきます。

取扱コインは?

取扱いコイン
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
MONA(モナコイン)
BCC(ビットコインキャッシュ)

ビットバンクが取り扱っているコインは上記の6種類のコインになっています。

XRP(リップル)MONA(モナコイン)をはじめ、国内でも人気の通貨を取り揃えていますね。

人気の銘柄をメインに取引を行いたいというユーザーにはもってこいの取引所ですね。

 

各種手数料は?

実際に取引所を利用する上で重要になるのが各種手数料ですよね。

手数料を気にしないで取引していると、いつのまにか無駄な費用を払っている・・・。なんてことも多々ありますので、しっかりチェックしていきましょう。

・売買手数料

最も重要となる売買手数料はいくらになるでしょうか?

なんと取引手数料は無料
ビットバンクは販売所形式ではなく取引所形式をとっているので、この手数料無料を実現できているんですね。

・入出金手数料

入出金手数料は、他の国内取引所と比べても大差はないですね。

 

ビットバンクの特徴は?

では、ビットバンクが多くの方に利用されている理由はなんなのでしょうか?

その理由を大きく3つ紹介していきますね!

取引手数料無料

ユーザーにとって取引手数料がどれだけかかるか、というのはとても重要になりますよね?

例えばコインチェックやビットフライヤーでは販売所形式をとっているので、売買価格の中に販売手数料が発生しています。

ここになかなか気付いていない方も多いです。

それに対してビットバンクでは取引所形式なので販売手数料は無料安く買い、高く売ることができるのです。

有利にトレードを進めていくにはとても大切なポイントですので、今後も覚えておきましょう。

板取引が可能

板取引というのは、取引所形式の取引所で利用できるサービスです。

ここでのメリットは指値注文ができる点だと思います。

指値注文とは?

指値注文とは、買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。 例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」とか「500円の指値で2,000株の売り注文」といった使い方をします。 指値注文の特徴は、買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ絶対に注文が成立しないという点にあります。

「指値注文」「成行注文」の意味と使い

指値注文では「ここまで下がったら買い増ししよう」、「ここまで上がったら下がる前に売ろう」という取引を行うことができます。

コインチェックなどの販売所では、今売る、今買うという選択肢しかないので、指値注文のような取引をすることができません。

この指値注文をすることができる点で、板取引は優れているのです。

 

ツールも利用しやすい

取引においてチャートでの分析は必要になってきます。もちろんプロのように様々なツールを使いこなす必要はありません。

ただ、簡単なツールや分析ができるようになると、トレードのレベルも一段と上がります。

他の取引所と比べて、ビットバンクの取引画面ではそういったチャートを簡単に使うことができます。

まだまだチャートを利用したことがない方は、ぜひ利用してみてください。

 

ビットバンクのセキュリティーは?

仮想通貨取引所を選ぶ際に重要となるのは、取引所のセキュリティー体制です。

ビットバンクは他の取引所と同レベルでのセキュリティー体制が整っています。

SMS認証二段階認証などはしっかりと設定しておきましょう。

 

ビットバンクのメリット

ではビットバンクを利用するメリットはどこにあるのでしょうか?

私なりに実際に利用してみてのメリットを2点紹介していきます。

取引手数料無料

第一のメリットは、先程もお伝えした通り「取引手数料無料」という点。

やはりトレードに置いて最も重要なのが取引手数料だと思います。

コインチェックやビットフライヤーなどの販売所であれば、売買するごとに手数料が発生しているので、知らぬ間に損をしているということが多々あります。

それに対してこのビットバンクは取引手数料が完全に無料なので、何度取引しても無駄な費用が一切かかりません。

ここの心理的安心感はとても大きいものがあります。

損切りしたい時、買い増ししたい時、様々な場面があると思います。

そのタイミングで手数料を気にする必要がなくなるので、トレードに集中することができますよね。

開設しておくことで、海外取引所からの送金先として利用できる

ビットバンクを開設しておくことは、BINANCE(バイナンス)などの海外取引所をメインに取引している方には特にメリットとなります。

なぜなら、様々なコインで国内取引所に送金することができるからです。

 

もちろんビットコインやイーサリアムなどを利用して、現在利用している取引所に送金することはできます。

ですが、特にビットコインはトランザクションの詰まりのニュースが出ているように、送金スピードがかなり遅いのです。

先日、ビットコイン送金をしましたが、12時間たっても着金しませんでした。

そのような通貨で大金を送金することが、取引する機会を損失していることにもなります。

 

ですので、リップル(XRP)やネム(XEM)などの送金スピードが早い通貨で送金する必要があります。

そこで必要なのがビットバンク。

リップル(XRP)の板取引ができる国内取引所は、現在ではビットバンクだけです。

バイナンスなどの海外取引所から、利確目的で国内取引所に送金する際はリップルを扱うビットバンクにするべきなのです。

 

ビットバンクのデメリット

では次にビットバンクのデメリットも見ていきましょう。

取引できる通貨が若干少ない

現在、ビットバンクで取引できる通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム、リップル、モナコインの6種類です。

国内取引所の中では割と多い方ではありますが、やはり海外取引所と比べるとその差は歴然

ただし、今後もどんどん取扱い通貨を増やしていくとのことですので、今後の展開に期待したいところですね。

取引量が若干少ない

コインチェックやビットフライヤー、ザイフの国内大手取引所と比べるとややユーザーが少なく感じられます。

上記の通り販売所形式とは違い、取引所形式では「買うユーザー」、「売るユーザー」がいて、初めて取引が成立します。

ですので実際に取引していると、売り価格と買い価格の差が大きいことが稀に見られます。

これもユーザーとその取引量の少なさが原因です。

最近ではビットバンクを利用している方の声も増えてきたので、今後の展開に期待したいところですね。

 

ビットバンクの評判は?

では実際のユーザーの評判はどうでしょうか?

ツイッターのツイートから探してみました。

他の取引所と比べてサーバーの強さにも定評があるみたいですね!

安心して使える取引所として浸透していきそうな予感。

 

国内取引所には複数登録しておこう!

ビットバンクのメリットデメリットについて理解できましたでしょうか?

海外取引所をメインに利用している方は、国内取引所を複数開いて、送金先を増やしておくことをオススメします。

他にも複数取引所を開設するメリットが複数あるので、気になる方は以下の記事をご覧ください。
ビットコイン・仮想通貨取引所を複数登録しておくべき5つの理由とは?一つの取引所だけでは損している可能性も??

 

まだ口座開設を済ませていない方は、ビットバンクを利用して有利に取引を進めていきましょう!